ベトナム フエの魅力とは?ベトナム初の世界遺産に登録された古都フエ

  フエ(Huế)は、1802年から1945年にかけてベトナムに存在していた阮朝(グエン朝)の首都(古都)です。 1993年、歴史的建造物群がベトナムで最初に世界遺産に登録され、多くの歴史好きな旅行者が訪れています。 古都という観点から、日本でいうと京都や奈良のようなイメージです。 フエ(Huế)への行き方 フエ市は、ダナンから約100kmほど北に位置し、車で約2時間で行くことが出来ます。ダナンからフエへ行く方法はいくつかありますが、各観光地の歴史的建造物に案内板はない為、個人でタクシーなどで移動するよりガイド付きの現地ツアーを利用するのが一般的です。 [googlemaps https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m28!1m12!1m3!1d412166.80478025705!2d107.7963079084817!3d16.307090395102357!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!4m13!3e0!4m5!1s0x0%3A0xb203f9fca295071a!2z44OA44OK44Oz5Zu96Zqb56m65riv!3m2!1d16.0533557!2d108.2025862!4m5!1s0x3141a6d3467e9b3d%3A0xbc393903490905c4!2zSHVlIFJveWFsIFBhbGFjZSwgVGh14bqtbiBUaMOgbmgsIFRwLiBIdeG6vywgVGjhu6thIFRoacOqbiBIdeG6vywg44OZ44OI44OK44Og!3m2!1d16.467772399999998!2d107.5789126!5e0!3m2!1sja!2sjp!4v1486463733616&w=580&h=300] ダナン発フエ1日観光ツアー 143年間、13代にわたって続いたグエン朝 初代王朝ザーロン帝 グエン朝は、今から200年以上前の1802年、内乱が続くベトナムを統一させる為に、フランスの援助を受け初代王朝(ザーロン帝)が創設しました。 その後1945年までの143年間、13代の皇帝にわたって統治されてきました。王宮建設から始まり、各皇帝の個性に合わせた建築様式による寺院や帝陵が今もフエ市内に点在しています。 歴代皇帝は、それぞれ価値観も異なり、中には人気の無かった皇帝もいたなど、歴史を紐解くと面白い発見が出来ますよ! 阮朝(グエン朝)の歴史年表 在位 称号(元号) 没年 備考 初代 1802~1819年 ザーロン帝 (嘉隆帝) 1820年2月3日 (満57歳没) 阮朝王宮建設   内乱を統一させる為、フランスの援助を受け創設 第2代皇帝 1820~1840年 ミンマン帝 (明命帝) 1841年1月20日 (満49歳没) ミンマン帝廟   キリスト教徒弾圧によりヨーロッパと対立する原因になる 第3代皇帝 1840~1847年 ティエウチ帝 (紹治帝) 1847年11月4日 (満40歳没) 第4代皇帝 1847~1883年 トゥドゥック帝 (嗣徳帝) 1883年7月17日 (満53歳没) トゥドゥック帝廟   1858年にフランス・スペイン連合軍がダナンに進攻開始 第5代皇帝 1883年 ズクドゥク帝… Continue reading ベトナム フエの魅力とは?ベトナム初の世界遺産に登録された古都フエ

世界遺産の古都フエを観光する3つのオススメポイント

  ベトナム最後の王朝、阮朝(1802年-1945年のベトナム王朝)の都フエは、王朝の繁栄を伝える建造物が数多く残っています。 フエのいくつかの歴史的建造物は、1993年にベトナムで初めて世界遺産に登録されました。 今回は、世界遺産の古都フエを観光する3つのポイントを選んでみました。 1. 王宮、寺院巡り 阮朝王宮 王宮として1803年に建設され、周囲を囲む城壁と濠のなかに広がる敷地内には、牛門、太和殿、顕臨閣などがあり、午門は、正午になると太陽が門の真上に来るように設計されています。 それぞれの建築様式は、中国式のバロック建築やベトナムの伝統的な建築を受け継いています。 迫力のある「王宮門 (午門)」と中国の紫禁城を模した「太和殿」は必見です。フエはベトナム戦争時の激戦地であったこともあり、王宮内には戦争の傷跡が残っています。 ガイドさんの詳しい説明付きで見学すると、当時の様子が連想され、王朝時代をより一層しのぶことができますね。フエ一番の見どころです。 日本語ガイド付きフエ1日観光ツアー ティエンムー寺 幸福と天の恵みの塔 阮朝前のチャンバ王国時代、1601年に建てられた禅寺、七層八角形の高さ20mのお寺です。 八角形七層の各階には仏像が祭られ、お寺のシンボルであるこの塔は、トゥンニャ(慈悲)塔と言われ、幸福と天の恵みを意味しています。 古くから残る伝説によると、ある日老婆が「まもなくここに支配者が現れ、ここに大きな塔を建てるだろう」と告げて去り、その後老婆は人間に化した天女だったのではと言われたそうです。 天女を記念してこのお寺が建てられ、別名「天女の寺=ティエンムー寺」と呼ばれるようになったそうです。現在も地元の人々が参拝するお寺です。 人力車「シクロ」で街を散策 旧市街に位置する王宮、フオン川沿いに点在する寺院を人力車「シクロ」に乗って巡るのもオススメです。 フエは他の都市と比べて交通量が少ないので、「シクロ」に乗って心地よい風を浴びながらゆったりとフエの街並みを楽しむことができます。 まったり街を散策 川沿いから眺める風景 特に阮朝王宮からティエンムー寺に向かうフゥォン川沿いの風景は何とも穏やかです。 滞在先ホテルで「シクロ」手配の相談をされると、安全で安心できると思います。訪問先コースは、ご希望コースがあればホテルスタッフから「シクロ」の運転手さんに伝えていただけることもできますし、運転手さんオススメのコースを楽しむこともできます。 日本語ガイド付きフエ1日観光ツアー リゾートホテル滞在を満喫 フオン川の南岸に建つラレジデンスホテル&スパは、フランス統治時代に建てられた総督の邸宅を改装したホテルで、王宮から川を渡ったフゥォン川沿いに位置しています。 La Residence Hotel & Spaホテル提供   閑静な佇まいはベトナム最後の王朝の都フエの街に調和し、また館内はフランス統治時代の趣が漂っていて、ベトナムの歴史的背景を彷彿させる雰囲気です。 エレガントな館内でお出迎えしてくれる現地のスタッフは、皆さんとても穏やかで愛らしいフエの人々です。 ホテル内にあるブティックでは、民芸品から、アクセサリー、洋服までお洒落なアイテムが揃っていて、フエの素敵なお土産が見つかるかもしれませんね。 日本語ガイド付きフエ1日観光ツアー [ad_2] ダナンガイド – Hue Tourist